hanihostamp penguinblog

のほほん、ペンギンライフ。

ランキングむき出し、アレコレ。

f:id:shijimi25:20141207162100p:plain

LINEスタンプ発売から二週間。その話題の需要があるのか不明ですが、現状報告と感想などを少し。

LINEクリエイターズマーケットのマイページでは発売以降、毎日売り上げやスタンプが使われたエリア(国名)などが表示されるようになっていて、わたしの、あまり特徴がなくて文字もないペンギンのスタンプでも、日に1個か2個売れているのが分かります。

そして、タイやアメリカその他の国で使われているのが分かると、「おお〜海を渡ってる…」と感動。

とはいえ、売り上げゼロの日もあり、わたしへの分配金(予想額)は、発売から二週間弱の今現在で、好物の崎陽軒シウマイ弁当と飲み物が買える程度?

他のスタンプクリエイターさん達のブログには、月々家賃+α程度の収入はコンスタントにある…と書いておられたりするので、かなり次元の違う話になっちゃいますが。はは。

ただ、恥ずかしい数字だからと自分の胸にとどめておくことが出来ないことを、つい先日知りました。

LINEスタンプ探しのサイト『スタリコ』さんで「のほほん、ペンギンライフ」と検索すると、現時点での順位と順位推移グラフというのが、親切なのかどうか表示されているのです。ひぇ〜、知らなんだ。ランキングが公開されているなんて…

ちなみに、そこによると自作のスタンプの過去最高順位は346位でした。

他の、面白かわいいスタンプなどを見てみると、最高順位は9位とか17位など立派な順位が出て来るので、346位がどの程度か分からないのですが、現在(ブログを書いている時点で)17228位と出ていることを思うと、たった一瞬でもよい順位だったことが分かっただけでも有り難いような…。しかし、よく分からない順位よりも、1個売れたという通知の方が断然嬉しいものですね。全体の中での自分の位置を知るよりも、自分の中での「幸福度」で満足する方が、精神衛生上いいような…

 

よく、マラソンや駅伝のテレビ中継などを見ていて、順位やタイムとは別問題として、ゴールテープを「用意してもらえるランナーと、してもらえないランナー」がいる、その光景がいつも気になっています。

 「してもらえない」というと語弊があるので正確には、「前のランナーがゴールして間もなくゴールするランナーには、ゴールテープを張り直すのが間に合わない」というだけなのですが…

たとえば、自分が7位だった場合。6位の人と接戦で、でも最後に引き離されて相手がゴールして華麗にテープを切るのを見届けてから、自分はゴールテープのない空間にゴールした場合。そしてその後、張り直されたゴールテープに8位の選手が両手を上げて満足げにゴールするのを見た時。

だったら8位でいいから自分もテープを切りたかった…と思ってしまいそうなのはわたしだけ?順位よりも、なんとなくの満足感を欲する自分…

 

あるいは、この前、「関東を離れる前に、以前から気になっていた都内の有名人気店で一回食事してみたい」と思い立ち、仕事帰りの兄と待ち合わせたところ、店の前は長蛇の列で、かれこれ50分くらい待ちまして。普段、混む店に行くようなことはほぼないのですが…最後の記念というかミーハー心で。

で、…ようやく順番が来てメイン料理を食べてみて…「あれ?これが人気なの??」と首を傾げてしまったわたし。

一品料理は普通においしくて、まぁ店の雰囲気も落ち着いていていい感じだなとは思ったものの…看板メニューがやって来て、それを口にしたわたしは「なんでこの味に、みんな行列するんだろうか?はて?」と、不思議で仕方なかったのです。

兄は何でも機嫌良く美味しいと言う性格なので、お皿が空になるまでスープ一滴まで残さず食べていましたが、わたしは前から気になっていたジャンルの料理だっただけに、味そのものに、ポカーン。行列の出来る店が必ずしも自分にヒットするわけじゃないんだなと、妙に納得。

 

そこで思い出したのは、昔、実家のトイレの扉に貼ってあった相田みつをさんの言葉。

しあわせは いつも じぶんの こころが きめる

 

ラインスタンプの話に戻すと、発売になってみて実感したのは、「ああ、やっぱりな」という諦めの気持ちっていうんでしょうか。年賀状のお年玉番号を確認するときのような…今年でいうと、幻の「生駒ラムネ」抽選に外れたときのような…。

ブログにしても、つい数日前も「アクセス2」とかなんですけど…(笑)。

かと思えば、記事を更新もしていないのにアクセスが急に増えていたり。

スタンプもブログも、まぁ人気は一極集中しているんだなとは思うんですが、でも待てよ、と。

先述の、兄と行ったビルの地下のレストラン街で見た光景。わたしが行った有名人気店と、その隣の店(知名度が高い店)にはUSJ並みの行列(Qライン)が出来ていたんですが、他の店では行列どころか、むしろ店の人が通路の様子を見ながら所在なく立っておられたりして…

見た目の人気では差が激しかったけれども、わたしの舌の感想でいうと、その、空いていて客待ち顔のスタッフが立っておられたお店も、同じ程度か、それ以上に自分にはおいしかった可能性もあるな、と…

 

ですので、ペンギンのスタンプの場合、ただ販売数が多くて埋もれているという不運のみならず、使い勝手が悪いというか、あまり面白みや工夫がないというのが難だろうなと薄々気づいているんですが…

しかし、一個でも売れたらそれでちょっと幸せになれるのは、事実。

スタンプを買って下さった方、ありがとうございます。

のほほん、ペンギンライフ2」もそのうち出ますので、よろしくどうぞ。←図々しい…

そしてタイのお客様、コップンカー。

 

*追伸*はてなブログをご利用の方へ。

今まで、はてなスターをいただいて嬉しく思っていましたが、無精なもので星をお返しするタイミングがずれて失礼になってしまうので、先日スターの表示をやめました。

が、読者登録(またはパソコン上でブックマーク)していますので、またブログを見に伺います。星はつけないかもしれませんが、こっそり楽しんで見ます〜

広告を非表示にする