読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hanihostamp penguinblog

のほほん、ペンギンライフ。

物件、決定。

f:id:shijimi25:20141204223542p:plain

維新の党の橋本さんが、テレビ番組での党首討論で、「無駄な公共工事をやるくらいなら、5000万人にそれぞれ10万円の商品券を配った方がいい」と仰っていました。

その政策の是非以前に、それは百貨店共通のものか、あるいはJTBナイスギフトのような、ヨドバシカメラ東急ハンズなどでも使えるものかと、少し気になりつつ、そもそも「10万円」という額に、妙にひっかかったワタシです。

 

というのも、このブログでも、何度か引っ越しの予定(物件あれこれ、というカテゴリーまで作って)に触れて来ており、先日ようやく物件探しをしてきて、無事に転居先の部屋は決まったのですが、最終的にニ択にしぼって検討する際に、片方の物件が「11月限定キャンペーン」で、初期費用から10万円が割引になるという条件つきだったもので。

10万円あれば、引っ越し費用が浮く。

あるいは、ソファを買い替える費用に充てられる。

もしくは温泉旅行に出かけることだって…

あれこれ考えたくなる、ときめく金額でもあり、あれもこれもは叶わない、現実的な額でもあります。

 

ただ…わたしが物件巡りをしたのが11月最終日。

その物件に関しては、当日の営業時間内に返事をすれば、「キャンペーン適用で10万円が浮く」けれども、明日(翌月)になったら「基本的にはキャンペーン終了で10万円を加算した通常料金に戻る」というもの。ひえ〜。なんでそんな日にわたしは物件探しをしてしまったのだろう…という気持ちと、ああ、明日だったらキャンペーンが終わっていたからギリギリセーフだったわ、という気持ちが押し相撲。

最終候補の2軒が、同一条件、または同程度の「気に入り度」ならば、何も迷わず10万円が浮く方に即決なのですが…

キャンペーンの物件は、人気観光地から徒歩数分の立地で、その少し先には大学があり、駅までの道はいつも海外からの旅行者と大学生が数珠つなぎで牛歩&芋洗い状態。

外観や室内には過不足ないものの、どうしても、その混雑っぷりに気が滅入ってしまって。

そこで、その日に会う予定だった友人に頼んで物件の前まで来てもらい、「ここだと10万浮くんだけど」と伝えたところ…「やめた方がいい。この人混み、絶対無理」と一刀両断されました。縁結びで有名なお寺(全国各地から女性たちがやってくるらしい)のそばに住んで人混みに辟易している友人の言葉には説得力があり、背中を押されました。

10万円を諦め、10万円では買えない日々の快適さを選ぼう、と。

 

それにしても、この数ヶ月ネットで物件探しをしていたわりには、あまり本腰を入れて調べていなかったわたし。

温泉旅館を選ぶときと同じようなもので、イメージ画像だけを見て期待をふくらませても、実際にはそれよりいくらかしょぼい、狭い、周辺環境が悪い、などの「がっかり」があるかもしれないし、いくら気に入っても仲介業者に出向く寸前に成約済みになることだって大いにあるわけなので。

だから、気楽な気分で、ぼんやり2軒くらいの候補を頭には入れつつ予約もせずに転居先の町の仲介業者に向かいました。

今は、来春大学に入学予定の方が部屋を探すシーズンの少し前ということで、一般の引っ越しがさかんな時期らしく、わたしが見に行ったのが月末だったこともあり、見に行った物件6つのうち、半分以上が数日以内に退去されたばかりの部屋でした。

 6つ案内していただいたものの、どの部屋にも一長一短があり、中にはドラマに出て来そうなおしゃれなデザイナーズ物件や便利そうな間取りや充実設備つきの素敵物件もありましたが…でも、ほぼ完璧なのに、なぜか玄関に洗濯機置き場があったり、外観もエントランスも上品なデザインや飾りで品よくまとまっているのに、共用階段がひと月くらい掃除されていないのでは?と思うほど砂埃まみれだったり。

結局最後に決めたのは、少し前からネットで見て候補にしていた物件でした。

築浅でも広くもなく、そして密かに恐れていた「恥ずかしい、ファンシーなマンション名」という、ウイークポイントも持っているのですが…

角部屋、階数、表通りの雰囲気、&しっくりくる間取り…

う〜ん。何がどう、という説明も出来ない、自分の身の丈に合う空間というんでしょうか。たった一日で決めたのですが、おそらくあと10軒見ても、そこに決めているかもしれません。例えば誰かを部屋に呼ぶときに恥ずかしくない空間と考えるなら、もっときれいでおしゃれな物件もあったんですが…すべては、なんとなく。

鞄選びにも似ているかもしれません。ブランドものより、流行より、なんとなく自分の体になじむというか。

 

*引っ越しプチ情報*

Q:引っ越しの際、入居先の隣や下の階の住人に挨拶は必要か?

A:(ほぼ)不要らしい。

業者さんによると、「小さいお子さんがいて騒がしくなる恐れがあるご家族の場合、または同じ建物内に大家さんがいる場合には挨拶をしておいた方がいいんですが、一人暮らしやご夫妻だけの場合は、わざわざ個人情報をさらすことにもなるので、基本的に今は挨拶はしないで、共用スペースで会った場合に会釈する程度でよいです」とのこと。

Q:物件によって、共益費にかなり差があるのはなぜ?

A:エレベーター設備がある建物は、保守点検等に費用がかかるため、階段のみの建物より金額がぐんと上がります。(業者さんの説)

Q:オール電化の物件の利点は?

A:都市ガス(またはプロパンガス)と併用の場合より、まとめて電力会社に支払う分、安く抑えられます。(業者さんの説)

 

以上、物件あれこれ話の、ひとまず最終回でした。

広告を非表示にする