hanihostamp penguinblog

のほほん、ペンギンライフ。

外出先で休憩&時間をつぶす場所、勝手にベスト9。

f:id:shijimi25:20141006213809p:plain

 出先で、待ち合わせまでの15〜30分、もしくは新幹線に乗るまで1時間…いろんな理由で中途半端に時間が空くとき。元気なら、デパートや書店をぶらついて買い物したり、輸入食品店を覗いたり、路地を散策したり、色々出来るんでしょうが…出先では人ごみのせいか、ぐったりすることもしばしば。

 

そんな時、立ち寄ろうと入ったセルフ式のコーヒーショップは満席だったり、席が罰ゲーム並みに窮屈だったり。

あるいは、空いている喫茶店では、ガラス越しに客を待ち構える店主の目に気後れしたり。入ったとしても、二人きりの店内に気まずい空気が流れて長居出来ず…

閉所恐怖症気味で、馴染みのないネットカフェはなるべく避けたいため、外で放浪するのは、なかなかつらいものがあります。

とにかく15〜20分、腰掛けたい…そんな時に、自分の中での休憩場所ベスト3をあげてみます。出先、なのでなるべく地域限定の店、場所ではないようにしました。

 

3位 ジュンク堂書店など、椅子が置いてある本屋さん

 定番の場所ですが…ただ、すでに座っているひと多し。蛍光灯なので、まどろむというより、一息つく、という感じ。

2位 映画館(劇場)のロビー

 今後上映予定のチラシやグッズショップを見ながらゆったりしたソファでくつろげ、トイレを使うにも広くて清潔。映画を待つ体(てい)でいてもよさそうだけれど、前売り券かドリンク一杯でも、何か買い物をして座るとよりくつろげる気が…。

1位 靴磨き屋さん 

 スニーカーやサンダルの日には無効ですが、革靴を履いている日なら椅子に座って職人さんが磨き上げてくれる手つきを見ているだけで楽しく、仕上がりに感動すること間違いなし。つやつやになって気分的にも上がるので、ある種、ネイルサロン的な存在でもあるかと…

下のリンク記事で紹介されているお店では、ワンコインでロングブーツも磨いてもらえて、自分で手入れするのとはまるで違う、深みのあるツヤが出て、色が剥げた箇所も補正していただいて、あと4〜5年履けそうな気になりました。何より椅子の座り心地が、子どもの頃好きだった、コインを入れて動く乗り物のような高さなのが楽しい。



30〜40分は時間をつぶしたい…その途中で座りたいというときなら、次の3箇所を。

3位 大きめの郵便局

郵便局で記念切手を選び、ポストカードを購入し、窓口のソファに座って誰かに手紙を書く。住所を控えていない人への場合は本文のみ書いておく。ATMに寄ったり保険の案内チラシ、地方の名産情報チラシなどを見つつ、最近は郵便局グッズが充実しているので、雑貨屋さん気分で眺めたりする。

2位 神社仏閣 

大きめのところだと、お参りの方用の休憩スペース(ポットにお茶も)が設けてある。10分休憩したとして…お参りの後、おみくじを引いたり狛犬やらお堂の飾り、彫り物の細部を見物していたりすると…30分をゆうに超す危険あり。

1位 ヨドバシカメラ 等の家電量販店

休憩を目的にしているにも関わらず、逆にひたすら店内を歩き回って商品を見る。疲れたら、自販機横などにある休憩コーナーで座ることも出来ますが、休むどころか、むしろ情報の渦に身を置くことでアドレナリンが出る(笑)。エナジードリンクを飲むようなもんでしょうか。万一ぐったりした時にはマッサージチェアのコーナーを利用できそうですが…わたしは結局最後までよけいに疲れるように動き回ります。

          f:id:shijimi25:20141006235838p:plain

やれやれ、あと1時間半か2時間半つぶさなきゃ、という時は…次の3箇所、または上の6カ所との合わせ技で。

3位 空いている電車に乗って、終点まで寝て降りて、喫茶店に入るかパン屋さんでパンなど買うか、とにかく何か足跡を残してまた寝ながら戻って来る。

理想的なのは、40〜50分程度で行き来するような路線(別の県へ行くこともあり危険なので終点は確認しておきたい)。

学生時代、どうしても学校をサボりたい日はバスに乗って終点まで行き、着いた見知らぬ場所の喫茶店で本を読んで、またバスを待ち、それに乗って帰るということをしたこともありましたが、バスの場合、整理券が発行される区間制では運賃が距離で跳ね上がるので、おちおち寝ていられないかも…

2位 やはり、家電量販店

元旦に、ひとりで時間をやり過ごすため、ヨドバシカメラを利用したことがあります。

おもちゃ売り場などもがっつり見ていたら時間がまたたくまに過ぎてゆく…飲食店も入っていることがあるので、休憩をはさむなどして隅々見物。持ち帰っても負担にならない軽めの買い物をしつつ、ゆくゆく買う予定の大型ものを吟味。

1位 競輪場

駅から無料バスで送迎してくれる。開催日なら100円で入場できて、飲み物(お茶、コーヒーなど)は飲み放題。レースの迫力に夢中になっている間に時間が過ぎてゆく…

施設内のB級グルメもお楽しみですが、ひとりではなかなか行きづらいのが残念。

 

以前は1時間半くらい空くと、酵素風呂などへ寄ったりしたものですが、最近はなかなか…服を脱いで着替える、最後にシャワーを浴びる、という行程に疲れてしまって。

母の場合は30〜40分時間があったら、1,000円カットのお店「QBハウス(今は1,080円)へ寄るようです。10分カットではあっても、混んでいたら順番を待つのでちょうど、その位になるとか。

まぁ、座れる、休める、を前提にすると肩や足のマッサージ店などもいいかもしれませんが、一見で入るのは苦手で、もみ返しに困ったこともあるので、例えばプラネタリウム的な施設が出先に都合よくあるとよいのですが…

そんなわけで、適当すぎる自分のベスト9でした。世の中の人々は、どうやって過ごしているのかなぁ。