hanihostamp penguinblog

のほほん、ペンギンライフ。

今自分に必要なものは…

このところ、世界を覆う不穏なムードと自分の日常との間の距離感が分からない。フランスでの一件に限らず、昨年から、いやもっと前からあちこちの国で(日本でも)深刻な問題がいくつもあるわけで… こんな時、悲観的な気分を引き受けてくれるのは、それに合…

引っ越し準備中。

年末年始に仕事をしていたせいか、昨日今日と、ちょっとした放心状態になっています。修正や次の指示待ち中で時間の余裕もあるので、気分転換を兼ねて引っ越しの荷造りをはじめました。 そして、引っ越し業者の営業の方が仰った言葉を反芻。 「これだけの本…

初春。

年末に映画『インターステラ−』を観て、明けて2日に箱根駅伝の中継所近くで旗を振って、という2日間の休みを覗けば、普通に仕事して過ごしました。 あけましておめでとうございます。 映画は面白かったものの、SF映画でよく思うのは、地球の危機…という壮大…

もういくつ寝ると…

24日の深夜、NHKの『洋楽倶楽部80’s〜バンドエイドに集ったアーティスト』をたまたま観て、妙に懐かしくなって翌日、仕事の合間にYouTubeで「Do They Know It's Christmas?」や、メイキングのドキュメンタリー番組を視聴した…のが今年のクリスマスでした…

別れることは出来るのか。

赤穂浪士討ち入りの日の晩、わたしはベランダで流星群の到来を待ちながら、お茶を飲もうと室内に入って、つけっぱなしのテレビの選挙特番でうちわとスカーフの議員さんが当選し、ドクター中松氏が落選したのを知った次第です。 オリオン座はきれいに見えたも…

ランキングむき出し、アレコレ。

LINEスタンプ発売から二週間。その話題の需要があるのか不明ですが、現状報告と感想などを少し。 LINEクリエイターズマーケットのマイページでは発売以降、毎日売り上げやスタンプが使われたエリア(国名)などが表示されるようになっていて、わたしの、あま…

物件、決定。

維新の党の橋本さんが、テレビ番組での党首討論で、「無駄な公共工事をやるくらいなら、5000万人にそれぞれ10万円の商品券を配った方がいい」と仰っていました。 その政策の是非以前に、それは百貨店共通のものか、あるいはJTBナイスギフトのような、…

それはジコマン?

人気ブランドのタオルで作ったペットボトル入れ。正面に配置されたワンポイント柄のそばに、ミシンで刺繍された「SATOMI」の文字が…(名前は仮名です)。 見慣れぬものを持っている知人のサトミさんに、「そのカワイイのは何?」と尋ねたところ、 「事務所社…

姉から緊急速報。

姉から携帯へ電話がかかってきて、何やら落ち着かない様子で、「今、時間ある?ちょっと話していい?」と切り出されたのは、以下のような内容でした。 家と最寄り駅の間の、人通りの多い交差点のローソンの前にて。 職場からの帰りにバイクで通りがかって、…

ネットのお世話になっています。

LINEスタンプが発売になったものの…早速、売り上げのグラフは、削りたての鉛筆の芯みたいな形になっていました。 二日目にして、売り上げゼロかもしれません…ひぇ〜っ。 まぁ、それはともかく、とりあえず今日はLINEの会話風のレイアウトではじめてみます。 …

LINEスタンプ発売と佐川のお兄さん。

このブログは、自作のLINEクリエイタースタンプの販売に備えた宣伝用にはじめたものなのですが…そもそもブログに人があまり来ないと知ったことと、何よりスタンプの審査が3ヶ月近くかかって、いつの間にか目的を失った雑多な日記になっています。 このほど…

確執と絶縁の顛末。

久しぶりに、『トムとジェリー』という、猫とネズミのアニメを観ました。 100円ショップ・キャンドゥで買った「世界名作童話アニメDVD」の一枚です。 子どもの頃は、猫のトムがネズミのジェリーを虐めようとするも、見た目にも可愛くて賢いジェリーの逆襲…

一時間、飽きずにいられる、勝手にベスト9。

たとえば喫茶店で友人と話していて、自分の飲み物がなくなったり水を何度か注ぎ足してもらっていると、そわそわしてきて「じゃ、そろそろ行こうか…」と促すのは、多くの場合、自分です。居酒屋でも、ほとんどわたしがお開き宣言してしまう… 壁を見る格好で座…

象ループにはまる。

歯が痛く、気分が冴えないこの数日。せめて楽しいことを考えよう。歯科医院の予約は月末。そして場所は400キロくらい離れている。けれど紛らわせようと書いたので、だらだら。今のわたしの歯の痛みのようにつかみ所がないかもしれません。 時系列があやし…

モヤモヤした出来事を反芻してみる。

普段、自宅で仕事をしているのでストレスは少ない方なのですが、そうやって安穏と暮らしているからか、出先で少しのことにもモヤモヤ、イライラしてしまいます。 とりあえず絵に出来るものだけを、ここに並べて頭の中から一瞬でも洗い流そうと思います。 ■モ…

住宅街で迷ったら…

友人が最近、住宅街で迷って泣いたそうです。 その日、あるイベントが「自宅からはそう遠くないけれど、普段利用しない駅の界隈」の住宅街の入り組んだ場所にある公園、で行われたとのことで。 途中でスタッフから急遽、自宅から追加で何か持って来るよう頼…

ミニマリストにはなれないけれど。

近頃、「ミニマリスト」という言葉を、ブログなどのタイトルでよく見かけます。最小限主義者という意味で、必要のないものを捨て、心のゆとりを大事にして日々の暮らしを楽しむひと…というような解釈でいいんですかね。 そういえば、断捨離の本が流行ったこ…

プチギフトあれこれ。&〈お見舞い品、勝手にベスト9〉補足。

前回、お見舞い品の価格相場を考えず、予算オーバーのものまで載せましたが、マナー本やネット情報によると、見舞金の相場は一般的に「職場関係3〜5千円、親戚1万円、親しい友人や知人5千円」だとか。 親戚や知人への金額が、自分の認識とは少しズレてい…

お見舞いの品、勝手にベスト9。

もし、わたしが入院することになったら、見舞い品としてKID BLUEのパジャマを買ってね。頼むね。と、姉に依頼してから、もう幾年月。 キッドブルーの製品はどれも高額で、私が愛用しているセシールや無印良品のパジャマの5〜6倍の価格なので、姉にも、「普…

失踪する小説、漫画。その3

連日の、イスラム国やエボラ出血熱のニュース。 福島第一原発の汚染水処理の件の、漏れた水量やセシウムの数値。現状の報告。 日頃は、仕事や掃除、洗濯、食材や日用雑貨の買い出し、月末の支払いなどに追われていて、ニュースにはある一定の距離を持って見…

失踪する小説、漫画。その2

昨日、わたしは「失踪するなら、顔がささない方がいいから、ある程度観光地がよい…」というようなことを書きました。 その記事を見てくれた従姉から、「文中にあった〈顔がささない〉という言葉、何となく意味は分かるものの、あまり聞いたことないのでググ…

失踪する小説、漫画。

もし、よんどころない事情で自分が失踪するとしたら、まずここへ行こうと決めている町があります。 そこから転々と、こんな風に移動していって、万一何かあったら反対の方角へ向かってあの海辺の町へ…と、追跡を逃れるために、何手か先の行程まで想像してみ…

豪華ランチの話。

今週のお題「我が家のご馳走」 半年ほど前にオープンして以来評判らしい、近所のイタリアンレストランで、ようやくランチを食べて来ました。何度か前を通りがかって、その洒落た外観に気後れしていたのですが、雑誌で何度か紹介(広告?)されているのを見て…

お隣の別世界、UR賃貸デザイナーズ物件。

友人が暮らす地域の、集合住宅の前の通りでフリーマーケットが開催されるという話を聞いて、出店がてら遊びに訪れたところ、スタイリッシュで個性的な集合住宅(UR賃貸)が並び、周辺には分譲タワーマンションが配置された、未来都市のようなところでした。 …

フリーランスの部屋探し。

引っ越しを想定して息抜きにネットで物色し始めて、ひと月余り。現実にはまだ、何も決まっていないし行動もしていないのに、心の中では何段階か、紆余曲折がありました。 いくつか目星をつけた「お気に入り登録」の中には、「家賃保証会社加入必須」という条…

外出先で休憩&時間をつぶす場所、勝手にベスト9。

出先で、待ち合わせまでの15〜30分、もしくは新幹線に乗るまで1時間…いろんな理由で中途半端に時間が空くとき。元気なら、デパートや書店をぶらついて買い物したり、輸入食品店を覗いたり、路地を散策したり、色々出来るんでしょうが…出先では人ごみの…

好きな「ひらがな」は何ですか。

「ラーメンズ」の小林賢太郎さんの個展、『小林賢太郎がコントや演劇のためにつくった美術 展』が、明日10月5日まで表参道の会場で開催中だという記事を見ました。 展示作品の中に『46ピースのパズル』という、ひらがなを題材にしたものがあり、記者か…

松島さんのストール。

数年前、ブログをしていたときに、「丸川さんの赤い靴」とかいうタイトルで文章を書いたことを今日、思い出しました。その時は、選挙活動中に丸川さんが真っ赤なパンプスを履いておられたのが印象的だったので… デジャブ。 赤が好きな方、多いんでしょうか。…

部屋探し、その2。

現在のように雑貨や文具のデザインを中心に仕事をする以前、寝具やカーテン、タオルなどのデザインの仕事をしていたこともあり、百貨店ではデパ地下には寄らなくてもタオル売り場のワゴンセール(なぜか年中やってるような…)にはつい、足を向けてしまいます…

ガラケー使用の自分が、PHSひとすじの友人にスマホとは何かを説明しようとした件。

わたしの周囲はスマホを使っていないひと、携帯を持たないひとたちがほとんどで、ペンギンのイラストでLINEスタンプを作ったことを宣伝しようとして、まずLINEの意味から説明することに苦労した、という話を以前、書きました。 そのひとり、PHSユーザーの友…